スポンサードリンク
2005年10月17日

ガンダムトゥールオデッセイ攻略記VOL12

ガンダムトゥールオデッセイ攻略記
VOL12「永遠のニート、ヴァンガス登場」

ブラックマーケットの入り口で多少怪しまれたが、ブラックマーケットに侵入することに成功したトラッシュ達は、全員で分かれて情報を探すことに

ブラックマーケットを開催する首謀者の本部へと潜り込んだトラッシュだが、またしても、トラッシュの暴走により、あっさり捕まって地下に閉じ込められてしまう。どうやって脱出すればいいのか・・・。
こういうシーンて大概、抜け道があったりするんだが・・・・無い、(>_<)

どうしようと、あがいている時、エレベータのドアが開き、なんか派手なストリート派前回のドレッドヘアの男が部屋に入ってくる。彼こそが武器商人のボス・ヴァンガスだった。

「不労所得を得ているニートなんて許せない」
「ダークモビルに協力するヤツは許さない」と捕まっているのに超強気なトラッシュ。
そんなトラッシュを、ヴァンガスはあっさりとトラッシュを解放する。
同じニートに同情したのかは分からないが、悪党ながら芯の通った性格のヴァンガスは、トラッシュを気に入ったのだ。

トラッシュ以外の仲間も捕まっていたが、あらためて解放される。

とくにガベンジャーは、他の仲間を助けるために大暴れし、ヴァンガスの子分を10人以上も病院送りにしてしまっていた。
「俺の子分が弱かっただけの話さ、気にするなよ」
そう言うヴァンガスだが、律儀なガベンジャーは、償いを申し入れる。

そしてやっとこさ本題に入る。
西の孤島にある本拠地にダークモビル同盟と思われる反応が多数出現していることから、これを調査する用心棒をトラッシュ達に依頼する。
不思議なことに、MSを表す反応は増殖する一方だった。

「海の向こうへ、泳いでいけというの!」
怒る半ケツ女トレミーに、ヴァンガスは自慢気に格納庫へと連れていく。
(いいかげん、パンツはかないと、ヴァンガスにやられてしまうような気もするが・・・)

「これが、俺たちヴァンガス空挺団の翼、ガウ攻撃空母だ!」

と超自慢げなヴァンガス。

えーガウなの?なんだぁいきなりザンジバル級かとワクワクしたのに、ちょっと残念です。

仕方ないので、とりあえず、マーケットで武装を強化し、Gシステムへいくことへ。
ガウで空を飛び、西の孤島へと到着したトラッシュ達。
ヴァンガス達の本拠地は、Gシステム03だったのだ。

「これで武器作って売ってるのさ」ってヴァンガスあんたせこいよ(クエス風)の突っ込みがなかったのが残念だが・・・。

が、トラッシュはしごく嫌な予感がする。
 
Gシステムの中に入ってみると、システムが誰もいないのに勝手に動いてMSを大量生産しているところだった。しかも超かっこわるいMSを!

トラッシュは立ち向かうことを決意。自分の商売道具を勝手に使われているヴァンガスも、怒り蒼いGスナイパーIIでこれに立ち向かう。(結構いい物持っているヴァンガス)

Gシステムから大量に出現する謎のMSを全機破壊することに成功。
システムを停止させるトラッシュだが、なんとGシステムは勝手に自ら再起動し始める。

危険を感じた一行が外に出ようとしたとき、Gシステムから黒いMSが出現する。

黒いMSは、イーチィへと、その手を伸ばす。

イーチィーの様子が変だ。トラッシュ達は何とか外に脱出することに成功する。

【攻略情報】
○ヴァンガス+ジムスナイパーは、射撃が得意です。ビームを打ちまくれ。
○へぼい謎のMSを倒すと、金棒型ビームガンが貰える。格闘+射撃の両方にイケルが、あまり強い武器ではなく、しかも格好が悪い。
○フリッツは、回復要員に専念させる。(ホイミスライム化)
ガンダムトゥールオデッセイなのに、いまだにガンダムが使えず(>_<)、仕切りが高いのか。
○最大の魅力であったはずの、ユニット交換は見栄えが悪いし、あまりメリットがない。多分基本のままがバランスがいい。

これまでに、使えた組み合わせ。
グフ+ドムの足 だけでした。(今のところ)

【関連記事】
ガンダム トゥルーオデッセイ ~失われしGの伝説~

PSP用ゲーム 価格: ¥3,570(税込)by amazon
ガンダム トゥルーオデッセイ攻略日記

ガンダムトゥルーオデッセイの攻略日記を更新中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。