スポンサードリンク
2017年04月14日

冴えない彼女の育てかたb#第1話 「冴えない竜虎の相見えかた」感想

冴えない彼女の育てかたb#第1話  「冴えない竜虎の相見えかた」感想
冴えない彼女の育てかた
前作にまして、エロい描写が増えました、しかも加藤恵がなんだかちといやらしく変身、特にこのスカートを直すというか、さわるしぐさが、エロいだけではなく、女心をかもしだしています。
それにしても、ともやは鈍すぎる。
今期は、加藤は結構、本性をあらわすことになるので、第一話は、複線なのでしょう。0話の水着サービス回の余韻も残しつつ、新章突入なのですが、これまた描写が、チラリズムが非常に官能的でよい。
萌えってよりも完全に、エロ。直エロではなく、間接的なエロで何故かむらむらっときますね。二次元なのに。

澤村・スペンサー・英梨々は、今回も、ともやが大好きなのに、ストレートにふるまえない、ツンデレちゃんですねぇ。周りには筒抜けなのに、肝心のともや君はどんかんすぎて、マジで倫理くんそのものです。
今回も、周りくどい方法で、えりりん、ツインテールを泣かしてしまっています。

えーいツインテールを泣かせたなぁぷんぷん。

ところで、加藤さん。今回は結構、全面的にでていましたね。いつもは、自分の意志とは関係なく周りが行動的過ぎて、引っ張りまわされ、選択肢もないかんじで、 まぁそうなんだよなぇ〜って感じでおっとりしていましたが、今回からは違う。
完全に、ともやくんの態度にイラついています。それだけではなく、ともや君のことが好きな2人に対してもなんだかいいたそうなそぶりで、それっぽいことをともや君にふってはいますが、ともや君は、完全には気が付いてませんね。鈍感すぎます。まじで、鈍感すぎて、マジで高校生かと疑いたくなります。

今回は、霞ヶ丘詩羽、澤村・スペンサー・英梨々のであった頃の回想シーンもはいっており、話は進展しますが。二人はお互いのクリエイターとしての才能をひそかに認め合っていることを加藤は見抜いています。

最終場面で、ちょっと気まずくなった瞬間に、加藤の私も分のサインもほしいと絶好のタイミングで切り出し、みんなの話がつながったような気がします。
が、これも後への伏線なんでしょうね。

ともやは、加藤に気がないとわかっているけど、英梨々との確執をはらむ要因の一部始終の始まりを見た気がします。やっぱ、女子はこういうことろが怖いかもです。

一番、おとなしそうにしている、加藤だが、実はこのサークルの誰よりも、イロコイ沙汰にシビアなのかもしれませんね。

しっかし、このアニメ、冴えない彼女の育てかたですが、ますます、エロ描写というか、男心わしずかみしすぎな描写がおおすぎて、目が離せないっす。。。!!おじさん大興奮です。
posted by たつや at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冴えない彼女の育てかた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449019963

この記事へのトラックバック