スポンサードリンク
2017年04月07日

「サクラダリセット」第1話感想

○「サクラダリセット」
rise01.png
「階段島」シリーズなどで知られる河野裕さんのデビュー作(KADOKAWAA 角川文庫/スニーカー文庫)で、能力者の集まった街「咲良田(さくらだ)」を舞台に、見聞きしたことを絶対に忘れない能力「記憶保持」をもつ高校生・浅井ケイと世界を3日巻き戻す能力「リセット」をもつ少女・春埼美空の2人が時を駆け巡り世界を変えていく“青春SFストーリー”。TVアニメのほか、2017年春には実写映画の公開も予定されている。
角川らしい展開。


「サクラダリセット」第1話感想
結構たんぱくなアニメですねぇ。日本映画にしやすい感じは確かにしましたね。セリフが多く、挙動が少ないので、まぁそんな感じで、逆に、ドラマをアニメ化したようなかんじになっており、実写になっても、面白くないのは間違いないかなぁと思わせる感じがします。

内容は、まぁ嫌いではないが好きでもない。
登場人物の女子っていっても少ないのですが、ちっぱい娘ばっかで、いまいち楽しめることがないのですが、巻き戻しができるタイムリープ能力のっても自分も記憶がなくなるので、ちょっと残念な能力なのですが、
春埼美空ちゃんは、結構自分好みな感じの娘なので、これからは見守るつもりで、このサクラダリセットを見てみたいとおもいます。♪
posted by たつや at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ視聴感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448814029

この記事へのトラックバック