スポンサードリンク
2006年09月15日

ゼロの使い魔 第5話「トリステインの姫君」感想

ゼロの使い魔 5話「トリステインの姫君」感想

生徒の使い魔の品評会が催されることに。
もちろん使い魔である才人も出なければならないわけなんだけれど、才人がまともに芸などが出来るわけもない。

しかも、ルイズがまともに魔法が使えないという、現実を差し置いて、才人に対して言いたい放題のルイズ、さすがは、ツンデレツルペタ魔法少女
ゼロのルイズの名は伊達ではない。
仕草も言葉遣いもどれも駄目すぎとこれまた駄目ルイズにいわれ、
逆切れで「得意技はパンツ洗い」

と、ボケをかまし鞭で突っ込むルイズですが、さすがになれたのか、才人はよけてました。
まるで漫才師のような感じですね。。

と、埒が明かないようなので、ルイズも諦めています。
(しかし、使い魔がカエルとかよりはましなような気がするのは私だけではないはず。。)

使い魔品評会にはトリステイン王国王女のアンリエッタ姫も来賓として、来るらしい、姫様はルイズのお友達で、幼少の頃のお遊び相手だったというが、

ルイズのおてんば&SM嬢ぶりを思うと、過去よく追放にならなかったのが不思議なくらいだ。。昔は大人しかったのか。。やはり、ツルペタが人生を狂わしたのか。。

結局は品評会でなにもできずじまいの才人でしたが、まぁ何もしない方が回りは良かったような気もします。が案の定、定品評会で笑いものにされるルイズ達です。どうも笑いをとるのが天才的なようですが、笑っている貴族も大したとないへぼばかりなんですけどね、、、(理由はそのうち分かります)

そのさなかゴーレムを召還するなにやらいかにもお色気担当といわんばかりの怪盗フーケ。そんな格好では目だってしょうがないと思うんですけどね。

やっぱり、才人に見つかり、なぜか戦闘モードに突入してしまいます。
そこに、ルイズが乱入し、使ってはいけないヤバイ魔法を。。。。

しかし、フーケは宝物庫を破壊できなかった強力な結界を、ルイズが才人を助けようとした魔法(失敗している)では、一発で破壊。

ぬぬ。しかも、結界に穴を開けてしまったので、フーケさんの手助けを結果的にしてしまうことに。。。。
まんまと、なにやら大事そうなものを見事に盗まれてしまいました。

その後、学園の人も着ましたが、こんだけの騒ぎになっても、しかもゴーレムを召還するという、波動がぷんぷんしてたにも関わらず、大半の人が気がつかないって、この学園の先生&生徒は、ザルだなぁと思います。

しかし、ついにゼロのルイズの魔法の片鱗がやっと出てきましたね。
何故、魔法が何時も失敗し爆破してしまうのか、また、異次元から才人を召還してしまう力があるのか?という謎が少しずづ出てきました。

ゼロ、これが結構重要なキーワードになりそうですよ。

見えそうで見えないのが絶対領域!

posted by たつや at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゼロの使い魔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。