スポンサードリンク
2006年09月15日

ゼロの使い魔 第4話「メイドの危機」感想

ゼロの使い魔 第4話「メイドの危機」感想

相変わらず、食事なしにされる才人で、相変わらずルイズに頭があがらずパンティ大王のパンツ洗いまくりの日々の才人。

とはいえ、使用人やコック達と仲良くなったから食事の件に関しては特に問題ナッシングなような気もしますし、逆にルイズに逆襲ができるのではと思うのですが、またもや、鞭での教育。(ルイズはSだ、Sなツンデレだ)

洗濯を手伝ってくれたやさしい、シエスタは意味深な事を才人に言いその場を離れるのだが、シエスタが貴族のモット伯へ仕えていることに起因した何かがあるらしいのだ。

タイトルから予想しても(小説、コミックでバレバレですが)メイド=シェスタになにかあると感じたわけですが、、
またもや、グラマー色魔のキュルケは剣をプレゼントして才人をどうにか懐柔しようとしています。

また、ゆうわく、するんですね。

でも、才人の気に入った場所ってのが、雑草育ちや、仕草って、、、、
貧乏小市民と言われりゃそりゃ怒るだろう。
(まったくこの世界の貴族は差別意識が高いですね)

帰りそうになる才人を今度は物というか、色気で釣ろうと、、まぁ正常な世の男性であればほぼ100%入れ食い間違いなしなのですが、、、、、

結局ルイズに見つかってしまいます。
浮気をして、みつかって電撃くらう諸星あたると同じ運命ですね。。
(ここらへんがうる星やつらににています。ちょうどいまスカパーで放送してますし)

イズにみつかり部屋へつれもどされる才人。
ルイズさん、あなたは才人好きなんですか、好きなんですよね。
でも、プライドが、、だけなんですよね。ツンデレだし。(鉄板だけど)


学園を去ってしまう、シエスタ。やはりこの世界では平民と貴族の階級差はかなりあるんだなあ。平民平民ってたかが学生の貴族に見下されてしまうし、、
まぁ相手は貴族ですからね。。


しかもシエスタは愛人みたいな仕事をさせられるらしい。
なんとも、うらやましい、、メイドと、、これぞ男のロマンだ!!

気持ちは分からないでもないが、、さすがに才人は反対です。
あの、おっぱいを、、おっぱいをと。

モット伯は交換条件として、キュルケがもっている家宝の書物を持ってこいというし、キュルケに頼み込むと、あげても良いけど私と付き合ってという一言に私だったらお安い御用で、2者を得るという強欲を示すのですが、、、

無論、若い才人はそんな選択もしないで、力づくでもシエスタを取り戻すためにまたモット伯邸に向かう才人。(ふっ、まだまだ青いなぁ)

庶民が剣をぬいたらその場で処刑されても文句は言えないと再三ルイズにいあわれていただけだが、やっぱり剣を抜いてしまう才人。

むろん、貴族は魔法が使えるわけで一方的にやられてしまう。

それにしても、剣の技はなんで今回つかえなかったのだろう、発動するためにはなにか条件とかが必要なのだろうか。

しかし、そんな危機を救ったのはルイズ達だった。(なんと美味しい登場のタイミング、さては隠れてやがったなぁ)

キュルケは家宝の書物で手を打とうとモット伯と取引をする。
しかし、こんどはキュルケ本人ではない模様。

モット伯が熱望するのでよほど凄いものかと思いきや、な、な、なんと
それは昔の日本のエロ本だった。
(実物より、本の方がよかったのか?モット伯よ、男して情けないぞ)

助かったシエスタは才人にディープキス。舌をいれて、そんないやーんな展開に。
これではまたまたルイズの『つきに変わってお仕置きよ』が炸裂してしまうではないか。。。。
「ゼロの使い魔」キャラクターCD4 シエスタ&アンリエッタ編
ハピネット
シエスタ(堀江由衣)&アンリエッタ(川澄綾子)(アーティスト)シエスタ(堀江由衣)(アーティスト)森由里子(その他)新井理生(Adapter)アンリエッタ(川澄綾子)(アーティスト)酒井良(Adapter)堀江由衣(アーティスト)川澄綾子(アーティスト)
発売日:2006-09-21
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:1113


posted by たつや at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゼロの使い魔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。