スポンサードリンク
2006年09月13日

涼宮ハルヒの憂鬱 第07話 「ミステリックサイン」 感想

涼宮ハルヒの憂鬱 第07話 「ミステリックサイン」 感想スレです。

今回も話が飛んでいます。DVDを買う方はご注意を。
まずは、コミック版を読んでからTVアニメ版涼宮ハルヒの憂鬱を見るといいと思いますよ。

今回の話の中心はキョン君です。ハルヒはちょっとしか出ませんが相変わらずでかいことをしてくれています。

では。レビュー開始です。

試験中、さっさと問題を終え寝息を立てるハルヒ、超すらすら書いてしまうなんて、いったいいつ勉強しているのだろうか、、、これで成績も結構いいのだから誰も文句言えないところが又にくい。。

そして、試験初日が終了。。。通常なら試験勉強でもすっかって感じで無論部活なんてお休みが普通なんだが、、、

ハルヒによると、SOS団は年中無休など、試験休みとか、関係ないぜって勢いです。

しかも、なにやらあやすイもの持ってませんか、ハルヒさん、SOS団のエムブレムですか?ハルヒいわくこれをサイトのトップページに使うんですか、、、なにやら嫌な予感もしないではないですが。。


SOS団のサイトは、閑古鳥が鳴いてるらしいし、キョンがいうにはカウンターが回らないらしい、まるでこのサイトみたいに(爆)

アクセスカウンタの9割はどうもハルヒらしいですね。

とにかく、このエムブレムをサイトのトップに飾る作業はキョンがするのですが、SOS団サイトが完成しました。

時が、、、、過ぎ。。キョン、いつもどおり、朝比奈みくるの萌え癒しを求めてとりあえず、部室へ、でもハルヒと長門有希だけ。

意外と珍しい、組み合わせです。(結成時以来かもしれません)

しかも、ハルヒがいうには、SOS団のサイトがおかしいとのこと。
んーと、キョンがファイルを再アップロードする…が改善しない。

おーっと、ここでハルヒが超うれしそうに
「SOS団のサイトがハッキング?、サイバーテロ?!」

ついに、、って、絶対、ねぇぇぇよ!とキョン君の心の叫びが聞こえてきました。そして一樹君も部室に登場しました。

朝比奈みくるが来ましたが、誰か連れてきましたよ。

「喜緑江美里さん」いかにも何かありましたという振り、しかし、SOS団って、相談しに来ちゃいけない場所だろ…多分夜のあのDJの相談室よりあやすスイぞ。

しかも、行方不明の彼氏を探して欲しいとな、いつから便利屋になったんだろうSOS団って、というよりいまだにTVシリーズではSOS団がなんなのかは語られていないんですけどね、、^^;

どうも、彼が学校に来ていないし、連絡も取れないらしい、し相当怪しい生活環境にあるようだ、でも、心配なので、何とかして欲しいとのこと。

でも何で、SOS団に来たのかといえば、コンピ研の部長(コンピューター研究会の部長)の彼女らしい。

ってか、名前は明かさないんだいまだに、しかも結構可愛い彼女いたんですね、コミックとちょっと違う気もしますけど。まぁ1回しか登場しないからいいいやぁ(爆)

でも、ハルヒはなぜか「あの部長は部屋に引きこもっているだけ」と決めつけ部屋に乱入するつもりらしい。

案の定人の気配がない、管理人さんに事情を説明して明けてもらうとするが、長門があっさり開けた…。何かを感じ取ったようだ。
さすがは、情報思念体、いくときゃ動くね、有希ン。
(管理人さんといえば、定番の美人と決まっていたのだが、んん残念)

やはり、中には誰もいないが、例のSOS団のサイトが、、、、
案の定「ハルヒ」の仕業らしい。長門も一樹も危険を感じ立ち去るように告げる。

そこで、ハルヒを適当に誤魔化して、ハルヒを返らせ、再出撃する。


閉鎖空間?!いっきに舞台は汚い部屋から何にもない亜空間へ。

どうも閉鎖空間には間違いないらしい、一樹が超能力を使える状態になったらしい。

そこで、なんか出てきました。出てきましたよ。


カマドウマが

なぜ、鈴虫でなくすいっちょんでもなくカマドウマなんだって、あの便所によくいるアレか?とキョンも同じことを思っていた。
余程全国の便所に出没するのであろう。。。

そこで、一樹、超能力で攻撃!ってドラゴンボールの世界に突入しています。超能力って、気孔波を出すのが超能力だったのかと。。初出の超能力です。

ビックバンアタック、ってほど大きくない、どっちかといえば、ヤムチャの操気弾程度のおおきさの、気孔弾がカマドウマにヒット!。
あっけなく、、あれ、カナブン、何でってわかりませんが消失しました。

その中から部長が脱出、なんとか生きていました。

閉鎖空間が消失し、一同部長さんの部屋に戻っていましたが、情報は相当にややこしいことになっているようです。

簡単に要約すると、ハルヒの書いたSOS団のエムブレムが436PB相当の情報を持っており、有希系列ではない、情報生命体を目覚めさせ、SOS団のHPが超空間になっており、リンクを張りまくり、ネットにハッキングを促進させ、しかも、SOSサインを見た人間の脳に自分の情報を複写し、限定空間を発生させたらしい、ただしデータが破損しているので、3万人全てがそうなるわけではないらしい… が、

確実に何人かいるらしい。またカマドウマなのか?

しかも、部長の意識が戻って新たな展開に、
「喜緑江美里」さんなる彼女なんていないとのこと、、、

全ては長門有希がハルヒの退屈を紛らわすために画策した事だったらしいが
それだけでは説明つかない部分が余りにも多すぎる。

そのことに気がつき始めた、キョン&一樹。特にキョンが鋭いです。
(女心には疎いですが)
ハルヒが退屈になると、つまり憂鬱になると相当にやばいのかって。

ぬぬ、エンディングまじかな展開になってきてしまったが、次回は
例の、海のミステリーの続編なのである。

涼宮ハルヒのファンサイトの相互リンクも大歓迎。
 おき楽にコメント欄にどうぞ。


ブログランキング
にゅう乙女ロード(道)涼宮ハルヒF@N


posted by たつや at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。