スポンサードリンク
2006年06月27日

ガンダムSEEDデスティニー感想レビュー

アニメ・ガンダムSEEDデスティニーのTVアニメ感想レビューのカテゴリーです。

ストーリー概要
機動戦士ガンダムSEED』での終盤、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦(コズミック・イラ71年)から2年後の世界から始まります。

コズミック・イラ71年6月15日。大西洋連邦とオーブ連合首長国によるオノゴロ島の攻防戦の中、シン・アスカは家族を失ってしまう、妹マユが落とした携帯電話を握り締め、彼は自らの非力さと現実の虚空に絶望し、ザフトに入隊する。

その後、地球連合軍とザフトによる大戦は、第二次ヤキン・ドゥーエ宙域戦・ユニウス条約の締結を経て、一応の停止を見たが、それから2年後、コズミック・イラ73年10月2日。プラントのギルバート・デュランダル議長との非公式会見の為、新造艦ミネルバの進水式の準備が進むアーモリーワンを訪れたカガリ・ユラ・アスハとアスラン・ザラ。だがその最中、ザフトが開発した新型ガンダムタイプのモビルスーツ・カオス、ガイア、アビスがまたもや何者かに強奪されてしまう。

これを阻止すべく、ミネルバからも新型機インパルスが出撃。そのパイロットは、プラントに渡り、赤服エリートとしてザフトに入隊したシンであった。

ガンダムSEEDデスティニー全50話感想です。
※ネタバレありますので、ご注意ください
PHASE-01 怒れる瞳
PHASE-02 戦いを呼ぶもの
PHASE-03 予兆の砲火
PHASE-04 星屑の戦場
PHASE-05 癒えぬ傷跡
PHASE-06 世界の終わる時
PHASE-07 混迷の大地
PHASE-08 ジャンクション
PHASE-09 驕れる牙
PHASE-10 父の呪縛
PHASE-11 選びし道
PHASE-12 血に染まる海
PHASE-13 よみがえる翼
PHASE-14 明日への出航
PHASE-15 戦場への帰還
(特別版 EDITED)
PHASE-16 インド洋の死闘
PHASE-17 戦士の条件
PHASE-18 ローエングリンを討て!
PHASE-19 見えない真実
PHASE-20 PAST
PHASE-21 さまよう眸
PHASE-22 蒼天の剣
PHASE-23 戦火の蔭
PHASE-24 すれ違う視線
PHASE-25 罪の在処
PHASE-26 約束
PHASE-27 届かぬ想い
PHASE-28 残る命 散る命
PHASE-29 FATES
PHASE-30 刹那の夢
PHASE-31 明けない夜
PHASE-32 ステラ
PHASE-33 示される世界
PHASE-34 悪夢
PHASE-35 混沌の先に
PHASE-36 アスラン脱走
PHASE-37 雷鳴の闇
PHASE-38 新しき旗
PHASE-39 天空のキラ
PHASE-40 黄金の意志
PHASE-41 リフレイン
PHASE-42 自由と正義と
PHASE-43 反撃の声
PHASE-44 二人のラクス
PHASE-45 変革の序曲
PHASE-46 真実の歌
PHASE-47 ミーア
PHASE-48 新世界へ
PHASE-49 レイ
PHASE-50 最後の力
(FINAL-PLUS 選ばれた未来)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。