スポンサードリンク
2009年09月12日

涼宮ハルヒの憂鬱2009 第24話 「涼宮ハルヒの溜息X」 感想

涼宮ハルヒの憂鬱2009 第24話 「涼宮ハルヒの溜息X」 感想
涼宮ハルヒの憂鬱 5.428571 (第4巻) 限定版 [DVD]

涼宮ハルヒの憂鬱 5.428571 (第4巻) 限定版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



涼宮ハルヒの憂鬱2009 第24話 「涼宮ハルヒの溜息X」 感想です、ネタバレもあるので、注意してください。
涼宮ハルヒの憂鬱2009 第24話 「涼宮ハルヒの溜息X」の無料視聴アニメはこちら

やっと完結になる、ハルヒの文化祭の映画、しかし、ハルヒが現実と映画の内容とを無意識の内に混同し盛り上がっているために今回もとんでなく、日常識な世界が広がる。ここから感想です。

今回は、シャミセンが喋ってしまい、キョンととても意味深いことを語り合っていました。
しかも、三毛猫なのに、オスでしたね。通常はメスなのですが、これもハルヒの力なのか。

また、映画が進みどんどん面白いことが起きていったのは凄いですねぇ。

ミクルビームが、ミクル手裏剣へ、そしてエアーガンがレールガン並みの威力の水鉄砲へと変貌しましたし、、長門でなければ死んでるよ。。

学校内にもなにやら、文化祭らしすぎる面も、ありあれは、誰!っ手感じでしたね。

中盤以降、結構重要なシーンが多かった今回。
しかし、長門が、事実をどう確認できるのだとキョンに振ったので、信憑性を保障できない、つまりフィクションかもという、意味深なことを。。。この世界はハルヒの夢なのか?

@小泉
・小泉が組織の話とそのどろどろの世界を暴露
・ハルヒの考えを変えられるのはキョンだけだと
・小泉は現在の世界をハルヒを気に入っている
・みくるのしぐさは全部演技であり、キョンの視線をみくるに集めるようにしているのだと。

Aみくる
・みくるの所属する組織と、小泉の所属する組織はどちらかといえば対立勢力。これは大人版朝比奈さんを見ればそうだといえるかも

B鶴屋さん
・相変わらず元気だが、みくると一緒にチケットを持ってきた際に、みくるがキョンにこっそり話をしている先で、ダークな感じでまっていたが、鶴屋さんは、小泉が所属する組織のスポンサーでもあることから、みくるが未来人であり、ハルヒのことも知っている様子ではないのかと推測される。

Cシャミセン
・キョンと会話したこともあって、超人間臭い猫だと、通常は猫かぶりなのだ。

Dキョン
・最後の喫茶店で大暴露、すべてをハルヒにしんなりバラスも、アッサリハルヒは否定した。

ですね。
 特に重要だなと思えるのは、ハルヒとキョンがデートしていたという点で、いつものメンバーではなく、2人でというところがあるのがハルヒの心境なのだが、ちょっと2人の距離は遠いなぁと。

 しかし、ハルヒはまんざらでもなく、キョンが暴露したあと、キョンのコーヒーを一気に飲み干し、つまらない会話を切ったこと。
 そして、喫茶店を1人で出た後、何気にキョンが追いかけてくるのを待っていたということは、、、
 ちょっとハルヒのツンデレがでたぁ〜ってことですね。

あぁこのまま、キョンがハルヒに好きだといってしまえば、波乱番匠なのだが、当のキョンはその気が無いしなぁというよりも、自覚していないのだろうが、

いずれにせよ、今回も、ハルヒがキョンのことを無意識だが、好きと思わせるシーンがありましたね。

それにしても、キョンはにぶい。

最後に、あの映画のエフェクトをしたのは誰だったんでしょうね。
これもハルヒの力だと思いますが、それよりも、ハルヒとキョン一夜を過ごしましたね。やはりハルヒはキョンを信頼している訳で、、そのまま何もなかったのですが、、ハルヒはなにかを期待していたのかもしれませんね。

次回は、再編集ものになると思います。まぁ秋なので、アレかという感じへ。
涼宮ハルヒの憂鬱2009 第24話 「涼宮ハルヒの溜息X」の無料視聴アニメはこちら
posted by たつや at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。